車と一口に言っても

車には色々種類がある

Tバールーフの特徴と価格相場


Tバールーフは、オープンカーの1種です。特徴としては、車の上部が完全にフルオープンするのではなく、ルーフパネルの中央部分を残して、左右の上部だけが開く形になります。ルーフパネルがT字型に残るという形になるのです。左右のルーフは取り外しが出来ますし、取り外しができる部分はガラスでできていることもあります。ツーシーターなどのスポーツカーの車種で使われていたもので、フルオープンカーよりも、ルーフパネルがあるため、ボディの剛性は高めることが出来ます。


フロントガラスを支えるAピラーが細いタイプもあり、その場合は、前方への視認性がとても良くなります。また、フルオープンではありませんが、運転している時に、真上が開いているのでとても開放感があります。フルオープンの車に比べると、ノーマルルーフの車の設計やデザインを使うことが出来るので、コストを落として製造できるという特徴があるのです。市場での価格相場は、同じ車種のノーマルルーフタイプの車に比べると、少し高めになってきます。国産車ではあまりつくられていないので、希少性があるため、高めの相場になるのです。ただ、消耗部品を取り換えることが出来れば、長く乗り続けることが出来る車です。


コメントを受け付けておりません。