車と一口に言っても

車には色々種類がある

オープンカーの種類と価格相場


オープンカーは屋根を開けてドライブすることができますので、とても楽しい自動車です。その種類を解説しますと、大きくコンバーチブルとロードスターに分けられます。

基本的にどちらも同じなのですが、コンバーチブルはハードトップのようなしっかりした素材を屋根に使い、ロードスターはオープンを基本として、雨対策にソフトトップなどを使う、という違いがあります。


 

ちなみに昔の車種では折りたためるソフトトップか、ハードトップを載せるかという感じでしたが、最近では頑丈な材質でかつ電動で開閉ができるトップが登場しています。これなら盗難などの点でも安心ですし、雨が降ってきてもすぐに屋根を閉めることができます。

他に種類で分類しますと、普通自動車か、日本ならではでの規格である軽自動車か、という分け方もできます。前者の典型がマツダ・ロードスターです。後者はダイハツ・コペンです。

ロードスターであれば価格相場は新車で200万から300万程度、中古では60万円程度からとなっています。やはり趣味性の高い車ですので出回る数が少なく、かつ熱心なファンがいるため、高めの相場となっているようです。

コペンも新車で200万円弱と、他の軽よりもかなり高い価格設定です。


コメントを受け付けておりません。