車と一口に言っても

車には色々種類がある

ハイブリット車・プラグインハイブリッド車(PHV)と価格相場


ハイブリット車とは、ガソリンエンジン+電気モーターのように、動作原理の異なる複数の動力源を持つ車を指します。プラグインハイブリッド車とは、電化製品と同様に、家庭用電源(交流100V)から充電できるタイプのハイブリッドカーで、ノーマルハイブリッドカーより、電池を多く搭載しているため、電気のみでより長距離を走行できます。
ガソリン価格が上昇し、環境問題が深刻化するなか、購入補助金・エコカー減税のおかげもあり、ハイブリッドカーやプラグインハイブリッドカーを購入する方が増えています。
但し、費用の面だけで考えたら軽自動車に勝るものはありません。ハイブリッドカーやプラグインハイブリッドカーを購入した方には、自動車メーカーが発表しているほどの燃費でないことに疑問を感じる方が多くいます。


同車種でも、ノーマルエンジンとでは、50万円から100万円ほど価格相場が異なります。
いくら保険や税金が安くても、この金額の違いを回収するには長期間かかります。回収した頃にはバッテリーの寿命がきて高額費用がかかります。その頃には進化したハイブリッドが誕生してバッテリーを交換する意義がなくなります。
ハイブリッドカーは環境にいいのもセールスポイントですが、自動車の交換サイクルが早めれば、当然環境には悪影響となります。
テレビのデジタル放送同様に、政府が主導するものには何らかの思惑が存在します。正しい知識をもって、セールストークに騙されないことが必要です。


コメントを受け付けておりません。