車と一口に言っても

車には色々種類がある

電気自動車(EV)と価格相場


電気自動車は価格が一般自動車に比べ、300万から400万が相場となっていて高価格ですが、ガソリン代がかからない外、補助金や自動車税の免税が適用されるので、経済的なメリットがあります。
ハイブリッド車よりも得をするためには、できる限り充電は夜間に行い、年間の走行距離が多いとメリットが増えてきます。
車両本体の価格が高くなる理由はバッテリーです。
この種類の車には大容量のバッテリーが搭載されていますが、このバッテリーは車のメーカーが専門の製造会社から購入しており、その価格が高いので、結果として車両の価格も比例してしまうのです。
各製造会社もしのぎを削りコストの削減に努めていますが、まだまだバッテリーの価格は高いのが現状です。


補助金は次世代自動車振興センターというところから交付されますが、毎年その金額は異なっており、徐々に少なくなってきています。
これ以外にも地方自治体で補助金を交付される可能性もありますので各都道府県に連絡をしてみる事が大切です。
インフラや充電などの問題もあり、まだ遠出をするのは難しいのかもしれませんが、近所を走るには十分な性能です。
ただ購入するだけでなく、どのように使っていくのかが肝心なのです。


コメントを受け付けておりません。