車と一口に言っても

車には色々種類がある

電気自動車(EV)と価格相場


電気自動車は価格が一般自動車に比べ、300万から400万が相場となっていて高価格ですが、ガソリン代がかからない外、補助金や自動車税の免税が適用されるので、経済的なメリットがあります。
ハイブリッド車よりも得をするためには、できる限り充電は夜間に行い、年間の走行距離が多いとメリットが増えてきます。
車両本体の価格が高くなる理由はバッテリーです。
この種類の車には大容量のバッテリーが搭載されていますが、このバッテリーは車のメーカーが専門の製造会社から購入しており、その価格が高いので、結果として車両の価格も比例してしまうのです。
各製造会社もしのぎを削りコストの削減に努めていますが、まだまだバッテリーの価格は高いのが現状です。


補助金は次世代自動車振興センターというところから交付されますが、毎年その金額は異なっており、徐々に少なくなってきています。
これ以外にも地方自治体で補助金を交付される可能性もありますので各都道府県に連絡をしてみる事が大切です。
インフラや充電などの問題もあり、まだ遠出をするのは難しいのかもしれませんが、近所を走るには十分な性能です。
ただ購入するだけでなく、どのように使っていくのかが肝心なのです。


ハイブリット車・プラグインハイブリッド車(PHV)と価格相場


ハイブリット車とは、ガソリンエンジン+電気モーターのように、動作原理の異なる複数の動力源を持つ車を指します。プラグインハイブリッド車とは、電化製品と同様に、家庭用電源(交流100V)から充電できるタイプのハイブリッドカーで、ノーマルハイブリッドカーより、電池を多く搭載しているため、電気のみでより長距離を走行できます。
ガソリン価格が上昇し、環境問題が深刻化するなか、購入補助金・エコカー減税のおかげもあり、ハイブリッドカーやプラグインハイブリッドカーを購入する方が増えています。
但し、費用の面だけで考えたら軽自動車に勝るものはありません。ハイブリッドカーやプラグインハイブリッドカーを購入した方には、自動車メーカーが発表しているほどの燃費でないことに疑問を感じる方が多くいます。


同車種でも、ノーマルエンジンとでは、50万円から100万円ほど価格相場が異なります。
いくら保険や税金が安くても、この金額の違いを回収するには長期間かかります。回収した頃にはバッテリーの寿命がきて高額費用がかかります。その頃には進化したハイブリッドが誕生してバッテリーを交換する意義がなくなります。
ハイブリッドカーは環境にいいのもセールスポイントですが、自動車の交換サイクルが早めれば、当然環境には悪影響となります。
テレビのデジタル放送同様に、政府が主導するものには何らかの思惑が存在します。正しい知識をもって、セールストークに騙されないことが必要です。


低公害車(エコカー)の種類と価格相場


低公害車とは、低燃費で走ることができる車や、ガソリンではなく電気で走る車など、環境に優しい車のことです。これには動力の生み出し方によって、次のような種類があります。(価格は2015年2月現在の情報です。)
燃料電池車(FCV):水素と酸素を化学反応させて電気を作る燃料電池を搭載し、その電気でモーターを動かして走行する車です。ガソリンに代えて水素で走る燃料電池車は、究極のエコカーといわれています。車体価格700万円近いですが、補助金200万円を差し引くと、500万円程度で購入できます。
電気自動車(EV):外部から充電した電気を動力源として、モーターにより走行する車です。走行時のCO2排出はもちろんゼロです。連続走行距離が短く、バッテリーの性能向上と、充電施設の整備が課題です。各メーカーとも車体価格は400万円前後となっています。


プラグインハイブリッド車(PHV):家庭用電源でバッテリーに充電でき、近距離は電気自動車として、長距離は従来のハイブリッド車として走行でき、両方の長所を持つ車です。充電電力を使い切ってもそのままハイブリッド車として走行できるので、電池切れの心配がありません。価格は300万円を少し超える程度です。
ハイブリッド車(HV):エンジンと電気モーターを組み合わせた車で、低速時はモーターのみで走行します。通常は、減速時にブレーキが走行エネルギーを熱に変えて捨てるだけですが、減速時の車輪の回転力でモーターを発電機として使い充電することでエネルギーを回収します。価格は車種のグレードによって様々ですが、ガソリン車の価格に50万円程度加算したくらいが一般的です。


Tバールーフの特徴と価格相場


Tバールーフは、オープンカーの1種です。特徴としては、車の上部が完全にフルオープンするのではなく、ルーフパネルの中央部分を残して、左右の上部だけが開く形になります。ルーフパネルがT字型に残るという形になるのです。左右のルーフは取り外しが出来ますし、取り外しができる部分はガラスでできていることもあります。ツーシーターなどのスポーツカーの車種で使われていたもので、フルオープンカーよりも、ルーフパネルがあるため、ボディの剛性は高めることが出来ます。


フロントガラスを支えるAピラーが細いタイプもあり、その場合は、前方への視認性がとても良くなります。また、フルオープンではありませんが、運転している時に、真上が開いているのでとても開放感があります。フルオープンの車に比べると、ノーマルルーフの車の設計やデザインを使うことが出来るので、コストを落として製造できるという特徴があるのです。市場での価格相場は、同じ車種のノーマルルーフタイプの車に比べると、少し高めになってきます。国産車ではあまりつくられていないので、希少性があるため、高めの相場になるのです。ただ、消耗部品を取り換えることが出来れば、長く乗り続けることが出来る車です。


タルガトップの特徴と価格相場


タルガトップはオープンカーの一形態であり、2人乗りのスポーツカーに採用されている場合が多いです。
AピラーとBピラーの中間が外れる形となり、Bピラーは残ります。
屋根が電動で開閉するサンルーフとは違い、基本的には手動で屋根のパネルを外します。
屋根の大きさにより1枚だけというものもあれば、3分割するタイプもあります。
真ん中だけが外れないものをTバールーフと呼び、リアウインドウ部を動かす事はできませんが、後ろに収納できるタイプもあります。


オープン機構が簡略化されていて重量を軽くでき、Bピラーを採用する事により車体の剛性に貢献しているといったメリットがあるものの、ルーフの収納が手作業であったり、オープンカーと比べるとリアウインドウのガラスがある事で風が上手く抜けていかず、頭上で舞ってしまう事があり、人によっては不快に感じるといったデメリットもあります。
視界的や開放感はオープンカーとそれ程変わりませんが、風のコントロールができないという点が異なっています。
その価格相場は車種によって大きく隔たりがあり、中古であるスバルのヴィヴィオなどは10万から50万程ですが、外車ともなってくるとポルシェの場合1500万から1800万程します。


オープンカーの種類と価格相場


オープンカーは屋根を開けてドライブすることができますので、とても楽しい自動車です。その種類を解説しますと、大きくコンバーチブルとロードスターに分けられます。

基本的にどちらも同じなのですが、コンバーチブルはハードトップのようなしっかりした素材を屋根に使い、ロードスターはオープンを基本として、雨対策にソフトトップなどを使う、という違いがあります。


 

ちなみに昔の車種では折りたためるソフトトップか、ハードトップを載せるかという感じでしたが、最近では頑丈な材質でかつ電動で開閉ができるトップが登場しています。これなら盗難などの点でも安心ですし、雨が降ってきてもすぐに屋根を閉めることができます。

他に種類で分類しますと、普通自動車か、日本ならではでの規格である軽自動車か、という分け方もできます。前者の典型がマツダ・ロードスターです。後者はダイハツ・コペンです。

ロードスターであれば価格相場は新車で200万から300万程度、中古では60万円程度からとなっています。やはり趣味性の高い車ですので出回る数が少なく、かつ熱心なファンがいるため、高めの相場となっているようです。

コペンも新車で200万円弱と、他の軽よりもかなり高い価格設定です。


ハッチバッククーペの特徴と価格相場


クーペには色々な種類がありますが、その中でも比較的コンパクトな車体を持つのがハッチバッククーペとなります。バックドアを持つ車のことをハッチバックといいますが、2ドアもあれば4ドアもあります。世界的に標準規格が定められているわけではありませんが、国内では機械式駐車場に入る車高1550mm以下の2BOX型の車両を言います。


2BOX型が一番の特徴となりますが、コンパクトなボディにも関わらず室内空間を大きくとれるため、使い勝手の良い車が多いと言えます。コンパクトカーのジャンルではほとんどがハッチバックスタイルを採用していますので、小ぶりなサイズでも室内空間が広く低価格で購入できる車となります。一般に大衆車というイメージが当てはまるハッチバックですから、高級感や性能面では良いイメージを持たないことが多いため、高級志向のハッチバックには専用のネーミングが与えられることが多いと言えます。ハッチバックの中でも高性能エンジンを搭載し走行性能を高めたグレードも存在しますが、ホットハッチと呼ばれスポーツモデルの扱いを受けています。ハッチバックは2BOX型が基本的な特徴となりますが、中には区分が難しい車種もあります。


ノッチバッククーペの特徴と価格相場


2ドアボディのクーペのうちトランクのある3BOXスタイルの車種をノッチバッククーペといいます。ハッチバックと比較して大きな違いがトランクのある3BOX型となりますので、最大の特徴とも言える部分となります。ハッチバックでは4ドアもありますが、ノッチバックでは2ドアボディが基本となりますので、大型な車両サイズが多いと言えます。


高級志向の車種が多く採用しているボディ形状ですから、単純に2ドアクーペと呼ばれることのほうが多いと言えます。国産車ではバブル期以降はほとんど新型車がでていませんので、僅かな車種に限られるボディスタイルとなりますが、海外の高級車には現在でも2ドアクーペを採用する贅沢な車が多くなっています。スポーツ志向の車種が多いこともノッチバックの特徴ですが、大きなエンジンを積み込むためロングノーズ、ショートデッキスタイルが多くなります。デザインや走行性能などの機能性を優先した車が多いため、使い勝手に関してはハッチバックに劣ると言えます。2ドアクーペは高級輸入車の独占的な市場となっているため、相場に関しても高額な価格帯を持つのが特徴ですから、中古車であっても簡単には手が出ない高級車が多いジャンルとなります。


クーペの種類と価格相場


自動車には色々なスタイルを持つ車種がありますが、2ドアボディを基本としたスタイルをクーペボディと言います。種類が多く価格帯や人気度などもそれぞれに異なりますが、国産車で言えばハッチバックやノッチバックが主流となります。ハッチバックは2ドアボディとなりますがトランクのない2BOXスタイルの車を言いますので、コンパクトな車体が多くなります。


低価格で販売されている車のほとんどがハッチバックとなりますので、購入しやすい車となります。一方でノッチバックとはトランクを持つ3BOXスタイルの車となりますので、同じ2ドアボディでも車両サイズは大きくなります。国内では大型ボディを持つノッチバックはほとんどありませんが、海外の高級輸入車ではノッチバックスタイルを採用するものが多いと言えます。コンパクトカーのジャンルではほとんどがハッチバックスタイルですから、低価格で購入でき室内が広いなど使い勝手の良い車両が多くなります。ノッチバックは使い勝手よりもデザインを優先した車種が多いため、室内空間の広さは少なくボディが大きいことで取り回しがしにくい特徴があります。ハッチバックはコンパクトカーのジャンルで人気ですから、安定した相場を維持しています。